So-net無料ブログ作成

子宮内のポリープ削除(3 [通院]

足にはかされてるのは
術後の、自分で用意した下着であったのに気づいたのは
麻酔が覚めてから。

手術台から運ばれてるだろうな感じで
一瞬、聴覚がクリアになったんですけど
次は、ベッドに移されるとき。
やっぱりなんかクリアに聞こえたけど
反応できず。

はやく家に帰りたいって気持ちがあって
1時前に目を覚ます。
しかし、天井がぐるんぐるん回ってたので
麻酔切れてないなぁ。と。
途中で看護師さんが来たなぁ。

で、1時過ぎに目が覚めたので(めまいも先ほどではない)
ナースコール。
「起きました!」
看護師さんが「点滴終わるまで寝てください」
また「寝なさい」かよ!



そういや、あたし、幼稚園の時も
遠足のバスでの(強制)お昼寝に反抗したことあったよ。

はーい
おねんねしようね~

って言ってる副園長に
「おねんねやって!(寝れるかぁぁぁ!)」言ったのがばれて
にらまれたなぁ。

当時でも、充分いまどきの口さかしいこどもと変わらずやったんやね、あたし。



ま、そんなこんなで
やった 点滴終わった!
と、喜び勇んでナースコール。
「終わりました!」

はーい じゃ お手洗い行ってきてください~
とのこと。
「お手洗いには行きたくありません(だからもう帰る!)」
ちゃんとトイレが出ること確認しないと帰れないんですよ~
だって。

そんなねぇ
昨晩から飲まず食わずで
その上、のどが渇く薬飲まされてるのに
カラッカラです!
出るか!!

無理からトイレに行ってみるが
全く出る気配なし。

っちゅうか、
コントロールできない感じ。
かなり焦った。

あまりにも出てこないワタシを
心配してくれて「大丈夫ですか~?」
って。

大丈夫ですけど、大丈夫じゃありません。


水分を多めにということで
手術のチラシにはコップ半分の水で様子を見るってかいてるのに
わたしは、500mlも呑みましたよ

でもでも
全く出る気配なく
2時間ほど格闘。


4度目の正直ぐらいで出たときは
トイレで「やったー!」

そそくさと帰りましたとさ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。