So-net無料ブログ作成

来月移植します。 [通院]

母親付きの通院。
どうなることかと思ったら、やっぱり、案の定、いわんこっちゃない
あらゆる「予想通り」的な表現がぴったりな事態に。

母は私に「何しに行くん?」<さぁ?
私は母に「何しに来たん?」<どんなところか見たいから

今までお互い、本題に触れない感じだったのが良くも悪くもあったのか。


ダンナが、クリニックに不信感を持ってる、的な話を振ったら最後。
あんた、まだ続けるん? そこまでして子供欲しいん? あんた、いくつやと思ってるん? 主治医制のない病院は責任逃れしたいだけ。


だの、言いたい放題、待合ロビーで(泣)

精一杯、気持ちを押し殺して「今さら、今頃、ここでそんなこと言う?!」

と、ここで空中分解(ま、もともと同体でもなかったですが)


そうこうしているうちに、診察に呼ばれ。。。

院長「これからの予定たてましょうね~」
母「まだ早いでしょ?!」
院長(ほな何しにきたんや?)
という空気が流れ、すでにおかしな雰囲気に。

母「ここでいうことじゃないけど、3ヶ月は早いんちゃうの?!
  半年ぐらいはあけるって聞いてるけど?」
院長「ここで言うことじゃなかったら、向こうの病院で言ってよ」

なんやねん、こいつら
もう、売り言葉に買い言葉。
大人じゃないわ。

そう。
診察前に言っておいたんですよね。
「言いたいことがあるからって、エラそうに、一方的に言うなんて、
できる用件もできんくなるから。人間ってそういうもんやろ?
下手に出すぎたらなめられるかもしれんけど、冷静に、伝えるべき事を
端的に伝えな、意味ないねん。」って。
うちの母親、こういうところあるんで。父親と私の悩みのタネです。

私も仕事柄、こういう残念な人をたくさーん見ています。扱っています(おい

エラそうに言ってる内容が間違ってた日にゃぁ、目も当てられません。
ま、そういう人は、自分の非は認めないし、非であることを理解できないのですが。

母にそんな忠告は当然、残ってるわけもなく。


先生は「お母さんが心配してはるし、6ヶ月まで待ったら?」
って、言い出すし。

おいおいおい

「この病院来たとき、すでに、『来るのが遅い』って言われて、
だから早々に体外に切り替えてるんです。待てません!」

で、スケジュールを組み直すことにはなったんですが。。。

母は、何かと質問しまくり。
いいんですよ、あのクリニック、質問させなさそうな雰囲気あるから。
いけいけ きけきけ!素人より、プロが説明した方が絶対いいし。
その姿勢は応援しますが、態度が良くない。

基本的に、反抗心むき出し。
めんどくさすぎ。

でも、あの年代のおばちゃんは、言いたいだけ。
言わせておいて、最後にこっちが納得させたらOK。
(って、悪徳セールスみたいやな)
(しかも、私は誰の味方だ?)


ダンナと母の、クリニックに対して言いたいことは同じだと思います。
整然と言うか、情緒的に言うか、の違い、かな。


Question
なんで、子宮筋腫が見つけられんかったん?
ポリープ削除は早々にしておいて。
そんな数ヶ月で5cmとか大きくなって、何個も育つもんなん?!

Answer
不妊治療をしてたら育つんです。急激に。


まじかよー!

とか。


Question
ワタシがこんなに否定的なのは、そもそも10月の事件があるからですよ!

Answer
僕らは一生懸命やってますよ。でも、予期しないことが起きるんです。医療ですから。


えー!

Question
卵を移植して妊娠する確率は?

Answer
五分五分です
(年齢も考慮して)


えー! けっこうな確率じゃ?
などなど。


すでに、日記長すぎ。



で、スケジュールの説明は看護師さんからなので、
いったん休憩に。

スケジュールの説明後、看護師さんは
「でも、お母さんも一緒に聞いてくださったから安心やね。
色々してくださりそうだし、頼りになるね~」と、気を遣った発言(すみません)


当然母は「何もせんよ(ふんっ)」


本当に、看護師さん、すみません。


あーーーーーーーーーーーー
ワタシにもそのDNAがあるのかと思うとウツになる。

他人に下手に出るのは父寄りか、と思いたいが
いや。
ワタシは、自分の生き方を貫いているはず。貫きたい!!


ようやくクリニックを後にし、母が「どこか寄る?」って。
寄るか!!!
そんな気分ちゃうわい!早く帰ってブログ書くんじゃぁぁぁ!(笑)
と、早々に別れました。

それじゃなくても、クリニックは疲れるのに
もうぐったり。


そうそう。
院長「これから娘さんはがんばって行くのに、
なんでそんな不安ばっかり植え付けるの?」って言ってました。

そうですよね。
これだけは納得した。


その他。
2回の手術によって、更新されたばかりの有給を25日も使ってしまいましたが
なんと、封印されていた闇の有給があてられ、25日分、復活しました★
(傷病による長期休暇にのみ使える、表向きは流れた有給をためておく制度。
会社組織変更時にそのシステムはなくなったのですが、それ以前にためていた分は
有効だったらしい。)

これで、お姫様生活も、診断書を出さない程度で休めます。

このところの体調不良でも、
休みたくても休めないというストレスもあったり。

支離滅裂ですが
早速明日から、投薬生活が始まりますので
またちょっとはまめに投稿できるといいなぁ、と思います。

仕事次第ですが。。。



なんか、愚痴になりましたが、
色々と今日考えたことは、また落ち着いたら書きます。

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。