So-net無料ブログ作成

とうとう移植が目前に! [投薬]

4/3(土)から生理が始まり、
(前触れはなかったのですが、体温がガタっと下がったので、そろそろかと思いきや)
クリニックに架電。

14日後に内診の予約。
受精卵の再凍結の更新用紙とその費用。
戸籍謄本の持参。

以上を再確認し、本日、内診以外をしにクリニックへ行きます。

ホント、ここのところ、平日の休みは通院ばかりです。

そんなこんなでバタバタしていたら
生理1日目から飲む薬を忘れてました。
なんとか2日目の朝に思い出した!



先日の通院以来、母親とは音信不通です。
こんなまま先に進むのも気が重いのですが
親を頼りにしすぎるからこんなことになったのかも、と思ったり。

ダンナのご両親にもあれこれ電話で話しているらしく
きっとそんなこともあって
ご両親は大阪に行くっておっしゃられたのではないでしょうか。
ダンナのお母様とは、電話で話しまして
お母さんの気持ちも分かるし、何度もお腹切ってるから、無理しないように
って言われました。
無理しない程度に、頑張ってと言われました。

ウチの親もそうなんだと思います。
でも、その表現が過激?というか、
そっけないんだと思います。

最近は太ってきたのか
たまに、お腹が痛いんですよね。
引っ張られるような感じ。

ふぅ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。