So-net無料ブログ作成
検索選択
つれづれ ブログトップ
前の10件 | -

ジーン・ワルツ [つれづれ]

以下、yahoo映画の紹介より...
不妊治療のエキスパートとして帝華大学病院で働きながら、
廃院寸前の小さな産婦人科医院で院長代理を務める曾根崎理恵(菅野美穂)。
そんな彼女が、禁断の治療をしているという。
うわさを聞きつけた上司のエリート医師・清川吾郎(田辺誠一)は、
理恵の周辺を探り始めるが……。

以下、Amazonの紹介より...
帝華大学医学部の曾根崎理恵助教は、顕微鏡下体外受精のエキスパート。
彼女の上司である清川吾郎准教授もその才を認めていた。
理恵は、大学での研究のほか、閉院間近のマリアクリニックで五人の妊婦を診ている。
年齢も境遇も異なる女たちは、それぞれに深刻な事情を抱えていた──。
生命の意味と尊厳、そして代理母出産という人類最大の難問に挑む、新世紀の医学エンターテインメント。


たまたま、内容も知らないまま、映画を目にする機会がありました。
菅野美穂、田辺誠一ときて、こんな重い内容だったとは...
自分のこととかぶって、途中何度か観るのをやめようかと思いましたが...

結局、映画だけではイマイチよくわからなかったので、
原作本を読みました。

できるだけ多くの人に知って欲しい。
普通の子供が普通に生まれることの奇跡を。
(普通に生まれるってよくわからんが)

その奇跡にむかって、悩んで、努力してるひとがたくさんいることを。


そして、まだ自分が顕微授精に関わるなんて思いもしなかった
遠い昔、
人工授精って、自分が理想とするような素晴らしい遺伝子が手に入れば、
理想の子供が、苦労せずに得られるってことよね、素晴らしい!
なんて、思ったことを突然思い出しました。

本当に世間知らずだったんだな、と
当時の自分に蹴りを入れたい気分です。


映画の感想としては
ユミが桐谷美鈴ちゃんって、意外にもあってる。

菅野美穂の曽根崎先生にはもう少し色気が欲しかった。
原作ほど色気を感じなかった...
菅野ちゃんってば、鼻の頭にマヨネーズつけて、
ジャガイモほおばってる朗らかなイメージがありすぎて...

清川先生はハマりすぎでしょ。
映画のほうがスマートに描かれてたけど、
原作のほうが田辺さんすぎる。(妄想)

で、台風の日にお産が重なる必要があったのか?
ランプの下でオペするのは幻想的でしたが、
普通に、電気大丈夫か?と心配になったw


原作は、本当に苦しかった。
リアル過ぎて。

卵の保管のこと、
子宮や卵巣摘出の話、
腰椎麻酔はもちろん
世の中の無理解、理不尽(政治やら)

5年経ったから、少しは冷静に、そして興味をもって読めたのかなと思います。


久々に更新 [つれづれ]

東尾理子のニュース、ちらっとだけタイトル見て気になってたんですけど、
詳細まだ未確認。

で、mixiのコメントとか日記読んで、何か物申したくて
ここに来ましたが、
東尾理子とは関係ないところで
ちょっと(かなり?)ショッキングなことを知ってしまって
ちょっと物申すテンションでなくなってしまいました。

東尾理子に物申す
より
外野に物申したかったんですけど


自分のことは自分しかわからない。
当事者にしかわからない。

という、私のポリシー?が
また裏付けられてしまいました。
(だから、冷たい、と言われるw)


はぁ。。。
自分がこうして平穏無事にここまで生きてこれたことに感謝です。

そして色々関わってくれる人たちに感謝です。



久々に過ぎて
アップロードがわからん!!!

最近見ているドラマ。 [つれづれ]

秋もつかの間、あっという間に冬になった気がします。

さて。
たまたま見始めたNHKドラマセカンドバージン」
なんか、「ドラマやのぉぉ!」という設定と思いきや
掲示板では「同じような境遇です」なんて書き込みがちらほら。
へぇぇぇ

みんな、京香さんポジションでドラマ見てるんでしょうけど
誰か、フカキョン目線で見てる人はいないのかしらねぇ。

世間知らずのお嬢様で
頼れるのは旦那さまだけ。
でも、旦那はキャリアウーマン気取りのおばさんに現を抜かしてしまった。

旦那が興味を持っているのはいまや
自分の会社かおばさんだけ。

どうしてこんなに愛しているのに
どうしてこんなかわいい私を愛してくれないの!!

みたいな気持ちで見てる人



そうだなぁ

このブログもカテゴリ移動しなきゃな。


こんなドラマにハマれる私も
すっかり歳をとったなぁ、と思う今日この頃。

まだ私は、17歳も年下には興味ないなぁ。
まだ、18歳年上ミュージシャン追いかけてるくらいだし



しかしYOU、あの演技は素だろ?
違和感ねーなーぁ



ようやく秋らしくなりました [つれづれ]

これまた大変ご無沙汰しております。

先日のノーベル賞で体外受精のニュースも出たことですし
これで、少しは偏見?が減るといいなぁ、と思います。

そんな次の日、小学生たちが遠足にでかける様子を見かけました。
50人に1人は体外受精と聞いて、意外と多いやんってずっと思ってたけど
実際の子どもたちを見ると、このご時世、学年に2人ぐらいってこと?
やっぱりマイナーか?なんて思ったり。


いやいや
恐怖の卵巣破裂(?)事件よりはや1年。
健康な身体を作ってがんばると言っていましたが
健康な身体はどこへやら。
ストレス晒しの毎日で、ダンナは一気に白髪が増えるし、
私は以前にも増して自炊しなくなったし、終わってるでしょ。

最近、子どもにはこんなことさせたかったなぁって、
なにげにTV見ながらつぶやいてると
ダンナに「させたかった?」と突っ込まれる始末。


昨日見た「ほんまでっかTV」で
母親脳に変わっていくという話題。
そりゃ、話も合わなくなるわな、と納得。
話が合わないというよりは、あれ、こんな人じゃなかったよね?
と、いろんな母親になった知り合いを見ると思うことしばしば。

やっぱり赤ちゃんかわいいなぁって思うけど
それって、犬や猫を見てかわいいなぁって思う感覚と
似ていると思う今日この頃。

子どもが欲しい、育てたいっていうのは
自分のアイテム・ステータスとしてそう思ってるだけなのか、
と悩んだり。

「ママとしての意見」とか、「ママで金」とか、しょーじきうざい。
そういうのをありがたがるなんて。
ママを特別扱いにさせるほど、ママを追いやった(←ママという重労働)
男どもの責任じゃないの?
ま、イクメンが本当に浸透して欲しいと思います。


先日、職場完全復帰宣言を果たした際(クリニック通い終了)、
上司に「正直、抜けられると困るから、ある意味ホッとしてる」と言われ
そういうのが少子化の原因かぁと改めて納得したり。
そない年も離れてない上司にそう言われるのも意外だった。


友達が「少子化っていうけど、そういう時代なんやと思う。
それなりの理由があってこうなっていると思う。淘汰される時代なんだろう。
それはもう運命と思って受け入れることも大切なんじゃないの」
妙に納得。
いや、不妊治療をすることも運命なんちゃうんかな、と思ったり。


たぶん、今、毎日の繰り返しに、意味を見いだせなくなっている心理状況なので
すべてに否定的。


そんな後に言うのもなんですが、
久々にお気に入りにさせてもらっているブログを拝見してまわって
皆さん、結果が出てらっしゃる!おめでとうございます!!!

自分だけが取り残された劣等感を感じつつも、
ちょっとがんばろうかなって気になった。

それは赤ちゃんのことなのか
子なし人生を歩むことなのか。

義祖父のお葬式 [つれづれ]

先週、ダンナの実家へ急遽戻りました。
去年の8月に義祖母が亡くなって、1年も経たずに、です。

去年のお葬式の合間には、
IVFへ予約の電話したり
おばあちゃんの生まれ変わりが我が家にやってくるんやろな!
なんて、盛り上がってたんですよね...

今度、大分に帰るときは
赤ちゃん連れかなぁって期待してたし。

世の中、甘くない。

今回なんか、
私らの葬式って誰があげるのよ?
って、急に不安になったり、さびしくなったりしちゃいました。

ワタシなんか、一人っ子ですからね。

ダンナに先立たれたら
孤独死?
みたいな。

ま、いつのことになるかはわかりませんが
その頃には
お葬式の形もいろいろなんでしょうしね。


こどもがいない
部外者のワタシは、本当に居場所のない
お葬式でした。
苦笑


踊る大捜査線 つれづれ [つれづれ]

とうとう、踊る大捜査線3が公開されました。

予定では、妊婦さんで観に行くだったのに



でも、色々考えさせられました。。。

前作、「踊る大捜査線2」の時、7年前。
まさか、当時の自分は、結婚するなんて夢にも思ってなかったなぁ。

色々映画絡みのイベントがあったのですが
踊るファンの中にいい人いたらラッキー
ぐらいのテンションでした。


そう思うと、
そりゃ、和久さんも亡くなっちゃうし
青島も歳とるわな



前作では
公開前日から
東京に乗り込み
「笑っていいとも!」にヤマをはって
観覧してみましたが
ゲストには誰も来ず。
最後の告知だけでもいいからきてくれー
と願ったのが懐かしい。

そのまま、お台場での
カウントダウン上映会に参加し
踊る大捜査線
踊る大捜査線2(公開日0:00より鑑賞)
と。

そして、また舞台挨拶のため
東京の映画館へ行く。

そして
お台場冒険王に戻って
セット見てから
大阪に戻る。

そして翌日、大阪での舞台挨拶に参戦。


あー、7年前は若かった。



今回は
生じゃないんだー
と、舞台挨拶を断念(東京のみ)


でも、とても楽しそうな
全国生中継だったようで
後悔しました。。。


さてと。
雪乃さんに
あやかれるといいですが。。。
謎爆

近況 [つれづれ]

最近、妊婦さんのお腹を見ると
ものすごーく羨ましく思います。

不妊治療する前までは
なんとも思わなかったんですけどね。


妊婦さんから
幸せのオーラを感じるというか、
母性を感じます。
妊婦さん+家族(お母さんとか、だんなさんとか)を見ると
さらに思います。


昨日、大阪市の子宮ガン・乳がん・婦人科検診に行ってきました。
ホルモンいじったから、行きなさいって。

ネットで見る限り、影響はなさそうですが
今の会社になって、そういう検診が一切なくなったので
ちょうどいいな。と思いまして。

乳がん検診は触診+超音波でした。
特に異常はないとのことでした。

次回は、噂のマンモ世代突入だわ。

で。
また、子宮筋腫がありますね~って。
でも、1cmぐらいだし、治療の必要はないと。
あーよかった。

あきらめた訳じゃないんですが・・・ [つれづれ]

不妊治療を続けてらっしゃる皆さんのブログを拝見すると
なぜか懐かしく感じてしまいます。
なんだか遠い昔のような感じ。


先日、古くからの友人(親友だと私は思っています)と話していました。

子どもは親を選んでやってくる」って話やったら
じゃぁなんで、虐待されたり、結果として殺されることになるような親の元にくるん?
みたいな。

親友曰く、

人間はそれぞれに学ぶ為に生きている。
子どもをもって学ぶ人もいてたら、
子どもがいない人は、他に学ぶことがあるから。

虐待するような親は
生まれ変わったら、今度は自分がそんな目に遭う。

(人間は何度も)いろんな人生を生きていくのだから
子どものいない人生や、独身の人生があっても
問題ないと思う。
その生き方ごとに学ぶことは必ずあるから。


輪廻って考えやね~と。


最初、子どもは親を選んで産まれるって話にすごく同意されたので
おいおい、子どもが欲しくて悩んでる人を敵に回すぞ?
と思いましたが、よくよく話を聞くと
納得しちゃいました。



ご無沙汰です。 [つれづれ]

そうそう
リンク先のニュースで思い出しました。

去年も、合計特殊出生率のニュースを
あちこちで目にして
とりあえず病院行ってみるか!
と、思い立ったなぁあ。。。

と思い出しました。

今年は政権問題で
あまり取上げられそうにありませんが。。。
苦笑

リンクから派生して
あれこれ記事を読むと
去年、試験の小論文のネタとした
少子化対策を思い出します。

結局試験には出ませんでしたが



そうそう
先日、子どもがいないということ
について、友人(未婚)と話していたのですが
なかなかおもしろかった?ので
また書きたいのですが。。。


そうそう、こういう気持ち! [つれづれ]

どもども こんばんは。

http://www.funin.info/consultation/index.html
たまたま見つけた、このサイトのこのコーナー
なんだか、質問例を読んでいて、みんな思うこと一緒だなー、とか
体外でも30%か、何を期待しすぎてたんだろ、とか
ちょこっと冷静になれました。

あと、ふと気付いたのですが。
この、どうしようもない、切ない、自分ってなんだったん?
っていう、言葉にできないもやもや感。
これって、失恋[失恋]した時の気分に似てるなぁ、なんて。


こんなに好きだったのに、なんなん?[ちっ(怒った顔)]
とか、
ワタシは、誰にも必要とされないのよ~![もうやだ~(悲しい顔)]
みたいな。
自分の思いが強すぎるだけに、実らなかった時の苦しさ。
切なくて、悲しくて、情けなくて、自分だけが不幸のどん底、この世の終わり、みたいな感覚。
周りのカップルに嫉妬して、また自分のどん底感を再確認。
みたいな。


あたしだけですかね、そんな感覚。[雨]
え?
みんな失恋したことないって????

あたし、失恋大魔王ですよ。
うはははー[あせあせ(飛び散る汗)]


前の10件 | - つれづれ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。